迷惑な入れ歯

スポンサーリンク

朝、母がお世話になっているショートステイの施設から電話があった。

母の体調が悪くなって帰って来るのかと思った。

それならそれで仕方ない。

担当者が言うには、母の下の入れ歯がないが、前日のお迎えの時にはちゃんと入れ歯をしていたかどうかの確認だった。

「ちゃんと確認せずに申し訳ありません。」と謝られた。

私には思い当たる事があった。

そして母は入れ歯をしていなかっただろうと確信していた。

いつだったのだろう?

ゴミを集めた日だったので、金曜日。たぶん先週の金曜日。

母の部屋のゴミ集めをして、母に入れ歯をしているかどうかを確認した。

「してる。」と言う母が歯を見せようとするが、下の歯が見えにくかった。

私:「下の歯は?」

母は聞こえないのか、上の入れ歯を外そうとした。

私:「違う!止めて!下の歯!し・た・の・歯!」

母は私の前で上の入れ歯を取り出した。

私は気持ち悪くなって、顔をそむけた。

私:「もういいから、はめて!」

母は手に持った自分の入れ歯をベッドの上にポイっと置いた。

母は上の入れ歯だけで、朝ご飯を食べたのだ。

もしかしたらその前から下の入れ歯は無かったのか?

母に下の入れ歯を探すように言って、その場を離れた。

最悪、母の部屋のゴミは出せないと思った。

少し前にもゴミ箱からティッシュに包んだ入れ歯が出て来たので、またゴミ箱をひっくり返さなければならないかもしれなかった。

少しして母の部屋へ行くと、もう入れ歯の事など忘れてテレビを見ていた。

母の部屋を探した。ゴミ箱の中は最後の最後だ。

ベッドの下のビニール袋にゴミと一緒に母の入れ歯が入っているのを見つけた。

母にビニール袋を渡し、入れ歯を出すように言って、私はゴミ出しに行った。

そのまま、母の入れ歯の事、忘れていた。

施設から電話をもらって、兄に昨日母が下の入れ歯をしていたかどうかの確認の電話をしながら、母の部屋を探した。

兄は昨日は入れ歯を確認しなかったと言った。

あのビニール袋がベッドの奥の足元にあった。

母の入れ歯があった。

兄に入れ歯があったと言うと、午前中に母の所へ届けると言ってくれた。

兄が来るまで放っておきたかったが、ゴム手袋をしてビニール袋から出した。

目を細めてはっきり見えないようにしたが、何やら茶色い物が所々に付いている。

何か分からないまま、洗面台に水とポリデントを入れて放置した。

先週の金曜日からだとしても、1週間以上母は上の入れ歯だけで食事をしていた事になる。

先週もショートステイに行ったし、デイサービスにも2回行った。

兄も気がつかなかったし、誰も気がつかなかった。

ああ・・なんて事でしょう。

この入れ歯、いつか失くしてしまいそうだ。

それに、ショートステイでも寝る前に入れ歯洗浄の声掛けをしてくれていないのが分かった。

行き始めた頃はちゃんとしてくれていたのに、利用者が増えてそれどころではないのだろう。

兄が入れ歯を取りに来た。

洗面台に茶色い物がいっぱい浮いていた。

もしかしたらお向かいさんにもらったポップコーンでは?

母はこれが取れなくて気持ち悪くて入れ歯を外したのかもしれなかった。

兄は洗面台から入れ歯を取って水ですすいだ。

お昼ご飯に間に合うようにと持って行った。

スポンサーリンク

母の入れ歯。

どれだけ人に迷惑をかけるのか?

コメントの入力は終了しました。